青南プレゼンツ ブルースパワー A-サイド

株式会社青南商事はこの番組の活動を通じて、青森県弘前市のミュージックシーンを応援していきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ブルーズ・ザ・ブッチャー with ジェームズ・ギャドソン ザ・シュア・ショット‐ライヴ

ブルーズ・ザ・ブッチャー with ジェームズ・ギャドソン ザ・シュア・ショット‐ライヴ

ブルーズ・ザ・ブッチャー with ジェームズ・ギャドソン
ザ・シュア・ショット‐ライヴ

blues.the-butcher-590213 with James Gadson: The Sure Shot‐Live

PCD-18697 ¥2,700(税込)

2013年2月6日発売

01. Blow Wind Blow
02. Woke Up This Morning
03. Hoochie Coochie Man
04. It's Alright
05. Kansas City
06. Everything’s Gonna Be Alright
07. That's Alright
08. Linda Lou
09. It Hurts Me Too
10. Dust My Broom
11. Got My Mojo Working
12. Blues Is Alright
※曲目・曲順が変更になる場合があります。

●Recorded Live at; Powers2, 2012.10.14 & Big Cat, 2012.10.16

日本が誇るブルーズ・バンド〈ブルーズ・ザ・ブッチャー〉と、
伝説的ドラマー、ジェームズ・ギャドソンがコラボした奇跡のライヴ・アルバム!!!

★〈ドラム・マガジン・フェスティヴァル2012〉で来日したギャドソンが、かつての弟子である沼澤尚のオファーを受けて実現したこの夢のコラボ! 元住吉Powers2と心斎橋Big Catの2公演から厳選したパフォーマンス収録!

★ブルーズ・ザ・ブッチャーにとって初のライヴ盤です! 年間80本以上のライヴをこなすライヴ・ブルーズ・バンドとしての彼らの魅力をアルバムに凝縮! ホトケの無骨漢ギターと激唱!KOTEZの圧倒的ハープ・ブロウ!沼澤&中條のディープ・グルーヴ! 満員の観客がブルーズでハイになった夜の記録がここに!

★全曲でギャドソンが参加! ブラック・ミュージックの真髄を極めた巨匠と沼澤尚との“師弟”ツイン・ドラムが、シンプルなブルーズ・ビートの中で極上のグルーヴを叩き出す! 「Linda Lou」「Kansa City」などでヴォーカルも披露!

★ライヴPA&ミックス・エンジニアは、リトル・テンポ、オキ・ダブ・アイヌ・バンド等での活動やレゲエ・シーンで世界的に有名なエンジニア、内田直之!

★ジャケット・アートワークは今回も著名な写真家・菅原一剛氏が担当!

ジェームズ・ギャドソン
1939年生まれ。アメリカのミズリー州、カンザス・シティ出身。13歳で歌手としてデビューし、20歳の頃ドラマーに転向。60年代後半にワッツ・103rd・ストリート・リズム・バンドに参加、その後はビル・ウィザースやマーヴィン・ゲイ、シェリル・リン、マイケル・ジャクソンなど数えきれない程の録音に参加し、伝説的セッション・ドラマーとなった。70代になった現在もBECKやノラ・ジョーンズらの作品に参加し精力的に活動している。

blues.the-butcher-590213
ザ・ブルーズパワーの永井“ホトケ”隆(vo&g)と沼澤尚(drs)が亡きギタリスト、浅野祥之氏のブルーズへの熱い意志を受け継ぐべく中條卓(b)、KOTEZ(harp)と結成。Pヴァインからムッシュかまやつとのコラボ盤を含む4枚を、12年にはLeyonaとのコラボ盤『GO GO POWER』(cutting edge)もリリース。ゲストに田中和将(from GRAPEVINE)、近藤房之助らを迎えつつ、フェス出演や全国各地へのツアーで精力的に活動中。

お問い合わせ: P-VINE RECORDS 東京都渋谷区渋谷3丁目6番3号 清水ビル2F
TEL 03-5766-1019 FAX 03-5766-1038

- | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment